2.現実を受け入れる

  • 現実を受け入れるために、無理のない範囲で、供養の儀式に参列したり、自分の体験を信頼できる人に話したりすることも良いでしょう。

  • 災害後に起こる心身の変化は個人差があり、比較的短い期間で落ち着く人もいれば、何年も続く人もいます。かかる期間や苦悩の程度を、人と比較せず、自分のペースで受け入れていくようにしましょう。