1.自分自身をケアする

  • 自分に対して優しい気持ちを持ちましょう。心が楽になるのには時間が必要であることを心にとめておきましょう。
  • 十分な睡眠をとり、三度の食事をしっかりとるように心がけましょう。

  • 自分の助けになると感じる人と、一緒に時間を過ごしましょう。何か具体的にしてほしいことがあれば、その人にそのことを伝えてみましょう。

  • 泣きたい時は、無理に止めようとせず、流れる涙をそのままにしておきましょう。

  • 何かを行う場合は、目標は小さく、現実的なことから始めましょう。大きな決断は、できれば生活や気持ちが落ち着いてからのほうが良いと言われています。

  • アルコールや薬物を過剰に摂取する、過剰に活動する、長期間引きこもってしまうなどは、長期的には健康を害する危険性があるので注意しましょう。