支援の姿勢

 

災害時、家族の行方がわからない方やご遺族のニーズはさまざまですが、多くの人が次のようなことを望んでいます。

  • 家族や近親者の安否や所在を確認したい、或いは、どのような捜索が行われており、生存の可能性はどのくらいあるのかについての情報を知りたい
  • どのような状況で死が起きたのか、事実を知りたい
  • 不安を和らげるための精神的サポートがほしい
  • 必要な支援がどこに行けば得られるのか、今後どのようなことが行われるかの情報がほしい

 

 どのような立場や職種であろうとも、支援に入る人は、災害時の被災者やご遺族に何が役立ち、何が役立たないのかを理解し、その人の求めに応じて、慎重に、思いやりをもって適切に対応することが大切です。

 

 死別を経験したり、大切なものを失うと、悲しみや不信、絶望、否定、怒りといったさまざまな感情が生じます。たとえば、感情が失われたかのように無表情になったり、まるで何事もなかったように振る舞ったり、ひどく感情的になって泣き叫んだり、自分に対しても強い口調で怒ったりする人に出会うかもしれません。


 これらのことは、過酷な状況下で起こる一般的な変化(反応)であり、支援者は、このような災害後の反応を理解し、難しい感情や行動に対しても受け入れ、支えようとする姿勢が大切です。