支援時の留意点

1)自分が先回りして、相手が困っていることを考えるのではなく、相手が何を望んでおり、そのためにお手伝いできることを優先させましょう。「相手のニーズをまず確認し、それに合わせて支援を開始すること」が重要です。

2)話をする時は相手の目をしっかり見て、普段よりもゆっくりと話しましょう。「~してあげる」「かわいそうに」といった態度や話し方はしないようにしましょう。

  相手の方の自尊心を傷つけることになりかねません。

3)体験を詳細に聞くことは避けましょう。相手が話をできない時は、無理に聞き出そうとせず、「大変でしたね」とねぎらいの言葉を一言かけるだけでも構いません。 

 相手の苦痛を理解しようとする気持ちを示していくことが大切です。

4)ご遺族が被災体験や亡くなった方について話し始めた時には、共感と関心を持って誠実に傾聴してください。つらい体験はなかなか言葉にならないものですが、言葉にできた時は、たとえ解決策がなくても、それ自体に大きな意味があります。

5)ご遺族が知りたいと望んでいることに対しては、正確な情報を提供しましょう。わからないことはわからないと伝え、相手から求められていないアドバイスはしないほうがよいでしょう。守りきれない約束なども、しないようにしましょう。

6) 「早く乗り越えて下さいね。」「そのうちに楽になりますよ。」といった励ましや慰めのつもりの言葉や言動が、被災者をさらに傷つけてしまうことがあります。これは二次被害と呼ばれています。

 二次被害をできるだけ起こさないことが、ご遺族の心理的な回復には非常に重要です。

7)一定期間がくれば悲しみを克服できると考えないで下さい。悲しむことは、通常、人々が予想しているよりも、ずっと長く続くものです。